検索する

日本の学校 > 大学のスポーツ関連ニュース一覧 > 西日本・学生拳法 上垣内選手が2年連続の優勝 

大学のスポーツ関連ニュース

西日本・学生拳法 上垣内選手が2年連続の優勝

2017.6.19
第18回西日本学生拳法個人選手権大会が、洗心館で開催された。

男子参段以上の部において、関西大学体育会拳法部の上垣内一成選手(3年)が優勝、赤堀峻選手(4年)が準優勝を果たした。なお、上垣内選手は2年連続の西日本大会制覇となった。

また、男子初段の部で澤井健斗選手(4年)が3位入賞、段外の部で安田勝選手(3年)が準優勝。女子弐段以上の部で山原千歩選手(法3)が準優勝、初段以下の部で唐澤志保選手(文1)が準優勝と、関西大学勢が好成績をおさめた。

●ニュース元(http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/2017/06/182.html)

私立高校のパンフレット取り寄せ