医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

言語聴覚士になるには

言語・聴覚機能を向上・回復させる専門家

言語聴覚士は、失語症や難聴、発声障害といった音声・言語・聴覚の機能に障害をもった人に、医師の指導のもと、コミュニケーション能力が向上・回復するように、訓練や指導を行います。病院や福祉施設、リハビリテーションセンターや歯科などに勤務し、医師の指示に従って検査を行い、検査結果をもとに、医師などと話し合って言語療法のプログラムを作成します。 先天性聴覚障害の訓練は身振りや視覚、触覚などの感覚を使いながらコツコツ丁寧に一つひとつの言葉や知識を教えます。時には遊びの要素も織り交ぜるなど、患者にとって訓練がストレスにならないような工夫も必要です。事故や脳卒中など後天的な原因の失語症の場合は、機能回復訓練としての指導を行います。音声・言語・聴覚機能障害には、子どもの言語発達の遅れ、自閉的傾向などもありますが、障害の程度や原因はいろいろです。身体面、精神面、そして環境面など総合的な観点から患者の状態を把握し、根気よく治療を続けていく指導力が求められます。 言語聴覚士になるための受験資格は、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の大学・短大・専門学校を卒業することなどで得られます。その後、国家試験に合格しなければなりません。就職先は国公私立の病院や障害児関連施設、聴覚・言語障害者更生施設、学校、リハビリテーションセンター、福祉施設などがあります。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より