医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

臨床工学技士になるには

生命維持装置を扱う重要な仕事

医師や看護師とチームを組み、医師の指示に基づいて人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置などの生命維持装置の操作や保守・点検を行うのが臨床工学技士の主な仕事です。病院には医師や看護師のほかに診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士など、さまざまな医療技術者が勤務していますが、臨床工学技士もその一員です。臨床工学技士の制度は1987年に制定された比較的新しい制度ですが、医療とエレクトロニクスの両方の分野を担い、患者の生命を直接的に左右する重要な仕事です。医療技術が発達したことにより、生命維持装置の性能も著しく高くなってきました。こうした先端の医療機器類の操作法をきちんと理解し、常に確実に使いこなしていくことが不可欠なのは言うまでもありません。 臨床工学技士になるには、厚生労働大臣認可資格で国家試験に合格する必要があります。受験資格は、高校卒業後、臨床工学技士養成校(大学・短期大学・専門学校)において厚生労働大臣の指定する科目を修得すると、得ることができます。 勤務先は総合病院や医科大学の付属病院などで、手術室や集中治療室、救急救命センター、人工透析室などに配属されることになります。ほかに、医療機器メーカーでの研究・開発やユーザーサポートの仕事に就くケースもあります。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より