進学動画チャンネル

職業紹介動画

テレビ・映画・広告 

チャンネルの動画一覧(37)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

ニュースキャスター

ニュース番組の司会します。限られた時間の中でたくさんの情報を伝える、番組の顔となる仕事です。

アナウンサー

事件やできごとのニュースを伝える仕事です。正しい日本語で、さまざまな情報を分かりやすく説明します。

レポーター

さまざまな出来事を取材し、テレビやラジオを通じて人に伝えます。芸能やスポーツ、政治など、ジャンルはさまざまです。

俳優

テレビドラマや映画、舞台などで、役の人物になりきって演技をします。見る人にたくさんの感動や勇気を与える仕事です。

女優

テレビや映画で演じる「俳優」のうち、女性を「女優」と言います。その役になりきって、気持ちを表現する力が求められます。

タレント

楽しい話術や個性を生かして、テレビやラジオなどに出演し、見る人を楽しませる仕事です。俳優や歌手以外の人のことをいいます。

声優

映像に合わせてセリフを読んで、声だけで演技をする仕事です。テレビアニメや外国映画、ゲームなどの吹き替えをします。

ナレーター

コマーシャルや映画、ドラマなどで流れるナレーション(語り)を担当します。聞き取りやすい声で正しく発音することが大切です。

放送記者

事件を取材して、レポートする仕事です。テレビを通じて、さまざまな出来事を映像と言葉で伝えます。国内や海外で活躍します。

プロデューサー

テレビ番組や映画、広告をつくるときの責任者です。お金のことや出演する人のことなど、さまざまな決定をします。

ディレクター

テレビやラジオ、コマーシャルなどをつくるときに、現場でスタッフや出演者に細かな指示をしたり、まとめたりする仕事です。

番組コーディネーター

テレビ番組をつくるのに必要なものを準備する仕事です。撮影する場所や品物を探して許可をとったり、スタッフを集めたりします。

映画監督

出演者やスタッフを指示して映画をつくる仕事です。ストーリーから演技、セット、衣装まで、すべての内容を決めていきます。

脚本家

映画やテレビ番組、舞台などのシナリオ(脚本)を書く仕事です。セリフ以外に、人物の気持ちやシーンの様子もえがきます。

放送作家

テレビやラジオ番組のコーナーや内容を考えて台本を書く仕事です。バラエティーや情報番組など種類はさまざまです。

映像作家

映画やテレビ、ビデオなどの映像をつくり、見る人にメッセージを伝える仕事です。音楽やCGを使いこなして表現します。

映像編集者

撮影した映像を短く切ったり、つないだりして、見る人に分かりやすくする仕事です。テロップ(文字)や効果音も入れます。

デジタル編集者

撮影した映像や写真を、コンピュータを使って編集します。映像の見やすさ、音や声の聞き取りやすさを考えて作業します。

デジタル映像処理

映像や写真のデータを、CG(コンピュータグラフィックス)のソフトを使って変化させます。

放送エンジニア

テレビ局やラジオ局で、電波の送信、照明、音など、放送の技術的なことに関わります。CGを番組に取り入れる仕事もあります。

放送カメラスタッフ

テレビ局のスタジオや野外で、カメラで映像をとる仕事です。カメラの向きや動き、撮影する範囲などに気をつけて撮影します。

映画カメラマン

カメラを使って映画を撮影する仕事です。映画のテーマにそってカメラを動かし、ストーリーや出演者を魅力的に見せます。

報道カメラマン

日本や海外で起きた事件・事故、政治や経済などのニュースを映像におさめる仕事です。決定的瞬間をテレビなどで人々に伝えます。

照明スタッフ

さまざまな種類のライトを動かして、光や色で出演者を引き立たせます。コンサートや舞台、テレビ、映画などで活躍します。

特殊メイクアーティスト

映画や舞台、テレビの出演者の顔や体に特殊なメイクをして、別の顔にする仕事です。動物や想像上の生きもの、キズなどをつくります。

マネージャー

タレントや俳優、ミュージシャンをサポートする仕事です。仕事選びやスケジュールを調整したり、健康に気を配ったりします。

スタントマン

出演者にかわって、動きの激しい格闘や危険なシーンを演じます。映画やドラマのアクションシーンに欠かせない存在です。

映画宣伝

完成した映画をたくさんの人に観てもらうために宣伝をする仕事です。新聞や雑誌、テレビを通じて、映画の魅力を伝えます。

コピーライター

広告の文章(コピー)を書く仕事です。商品に興味を持ち、買ってもらえるように、言葉で商品の魅力やイメージを伝えます。

CMプランナー

テレビコマーシャルのアイデアを考えて、映像にする仕事です。商品や会社の魅力が十分に伝わるようなCMを考えます。

アートディレクター

主に広告のデザイン部分を担当します。コピーライターやデザイナーなどのスタッフを指示したり、まとめる役割もあります。

広告プランナー

広告のアイデアを考えたり、新聞や雑誌、テレビ、インターネットなどのうち、どれで宣伝すればより効果があるかなどを考えます。

広告プロダクションスタッフ

コピーライターやデザイナーが快適に仕事ができるようサポートします。一般企業の総務にあたり、仕事内容はさまざまです。

広告営業

広告を出したいと考えている企業(スポンサー)に、広告のアイデアや宣伝の方法をアドバイスして、注文を受ける仕事です。

イベントプロデューサー

イベントに関わるたくさんのスタッフをまとめる責任者です。会場やお金、スタッフのことなど、すべてを決める力があります。

イベントプランナー

イベントを盛り上げるため、内容や工夫などの細かなプランを考える仕事です。発表会やコンテストなど、種類はさまざまです。

イベント制作スタッフ

イベント会場で準備をしたり、イベントがスムーズに進むようにさまざまな作業をします。イベントの成功を支える重要な役割です。