検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
大畑大介選手
大畑 大介選手
(ラグビー選手 2000-2004年日本代表 神戸製鋼コベルコスティラーズ)
Profile
1975年11月11日生まれ。大阪府出身。小学校3年生の時から「大阪ラグビースクール」でラグビーを始め、中学・高校とラグビー部に所属。東海大学付属仰星高校時代は高校日本代表、京都産業大学時代は学生日本代表として活躍。そして大学卒業後、神戸製鋼に入社、神戸製鋼コベルコスティラーズの主要選手として活躍。ワールドカップに日本代表として出場し、2001~2002シーズンはオーストラリア「ノーザンサバーブス」、2003シーズンはフランス「モンフェラン」でプレー経験を積む。また、メディアでも持ち前のキャラクターを発揮し人気者に。現在、MBSのラジオ番組「大畑大介のLet's Tryスポーツ!」(毎月第3月曜放送)では、パーソナリティーとして新境地を開拓中。
※この記事は2005年2月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
大畑大介選手の学生時代
スポーツが、ひとつのコミュニケーション手段だった
ラグビーとの出会いは僕の育った家庭環境ですね。父が高校時代、ラグビーをやっていたということもあって、家には楕円形のラグビーボールがあったし、正月や休みの日にテレビで見るのはいつもラグビー中継でした。
小学校3年の時から「大阪ラグビースクール」に入りましたが、みんなの輪に自分から入ってませんでした。でも、足が速かったことで仲間の注目を集めて、話すきっかけができ、スポーツがコミュニケーションの手段だったんじゃないかな。それに、学校以外のところで友だちができたことも、すごく嬉しくてラグビーを楽しめたきっかけでもありました。
城東中学、東海大学付属仰星高校時代はラグビー部に所属してましたが、特に高校時代には「高校ラガーマンの聖地」ともいえる花園ラグビー場での全国大会も経験できたし、高校日本代表にも選ばれ一番飛躍できた時代でしたね。今のラグビー人生の原点ともいえるでしょうね。いい先輩や友だちに出会い、中でもラグビー部顧問の土井監督は僕の人生に大きな影響を与えてくれた人だったと思います。とにかく厳しかったですね。全然ほめてももらえなかったし、よく怒られましたね(笑)。当時はレギュラーにもなれたし、自分のプレーにも自信があったので調子に乗っていたと思います。でも、ちゃんと向きあってくれたのが土井監督でした。自分が練習している意味も理解させてくれ、意欲を刺激してくれた人でした。だからといって高校日本代表に選ばれたときも、すごく自然体で接してくれたことが印象に残っていますね。
大畑選手写真
世界のレベルを実感したとき、新たな目標ができた
大畑選手写真 性格的には「落ち込む」ということはありませんが、僕のモチベーションはメンタル的な部分が大きいと思いますね。特に5年前のワールドカップではそのことを痛感しました。ワールドカップにすごく力を入れて臨んでいたので、結果が出せなかったことで目標を無くした気分でした。でも、その後、オーストラリアやフランスのチームでプレー経験できたことが僕のターニングポイントになったかもしれませんね。
海外(特にヨーロッパやオセアニア)は生まれたときからラグビーの認識もあるし、ラグビー人口も多いです。その中から選ばれた選手たちですから、レベルは確かに高いですよ。そんな中でプレーできたことが「もっとラグビーを楽しみたい!」と気持ちを奮い立たせることになったのかも知れませんね。
僕は何より「ラグビーを楽しみたい!」という気持ちを大事にしたいんです。身体を使うことだし強い体力だって必要ですが、僕にとって一番大きな要素はメンタル面でしょうね。たとえば、まだまだ体力があっても、楽しみが感じられなくなったら続けてはいけないと思っています。反対に「大畑、もうプレーは限界じゃないか」と人から言われても、自分が楽しい間はやめないんじゃないかな。そのラインを創るのは自分だし、決めるのも自分だと思っています。
今は、僕がテレビやラジオといったメディアに出ることによって、少しでも多くの人にラグビーを認識して欲しいし、関心を持ってもらいたいと思っています。日本でのラグビー土壌を創っていけたらいいんですが・・・。
大畑選手からのワンポイントアドバイス
練習のポイントは“体感”すること
僕の高校時代は、がむしゃらに走る、鍛えるがメインだったと思います。厳しいのが当たり前だし、しんどいモノでした。特に中学・高校時代は身体も強いし無茶だってできるんですよね。ところが今は、練習に関する考え方も少しずつ違ってきたと思います。例えば練習中に水分補給をすることが大切だとか、スポーツや身体の知識が重要視されてきました。その中で僕にできるアドバイスとして、一番大事なことは「体感する」ことだと思います。
基本的には身体全体を鍛えることが必要ですが、その中でも僕が重要だと思う練習をあげてみます。
【走る】
ラグビーにはもちろん「俊足」も大きな戦力となります。そのためには下半身の筋肉を鍛え、敏速な動きができることが必要です。
【スクワット】
下半身の筋肉を鍛えるとともに、瞬発力を鍛えることが大切です。パスやタックルに必要な下半身のバネを鍛えるために、バーベルなどの重りを持って歩いたり、跳ねたりするのも効果的なトレーニングだと思います。
【全身のウエイトトレーニング】
ラグビーにはタックルやスクラムといった力で向かっていく激しいプレーがたくさんあります。そのプレーに耐えられる身体を作ることが大切です。もちろん下半身の安定や強化も欠かせませんが、上半身を含む全身を鍛えることがラグビーのポイントといえるでしょう。ウエイトトレーニングで細部の筋肉と体力を強化してください。
【パスやキックの練習】
もちろんボールを扱うスポーツですから、ボールに関する技術やセンスも必要となります。何より慣れること。回数を重ねて、身体で覚えていくのが一番だと思います。
大畑選手写真
チームメイトを信頼する、助け合うという気持ちが大切
他にもグループでの練習として、ゲーム方式でポジション毎の練習も大切です。
ラグビーはあくまでもチームプレーですから、個人の技術やモチベーションだけが優れていても、試合に勝つことはできません。チームメイトを信頼する、助け合うという気持ちが大切です。グループの練習は相手を知ることでもあり、コミュニケーションの練習でもあると思います。
ただ、どんな練習も本人の意識や興味がなければ身につかないし、そのことを踏まえて身体で感じること、そして気持ちを高めていくことを大事にしてください。
大畑選手からみんなへのメッセージ
一生懸命になれることのかっこよさを知ってもらいたい。
僕にとってラグビーは、人とコミュニケーションする大事な手段だったと思います。言葉では上手にできないことを、スポーツを通して表現したり語りかけたりすることができました。そして、いいプレーができたこと、できる自分が楽しかったし、頑張ったからこそ結果も出すことができたんだと思います。
若いときは、素直になったり頑張ったりすることに照れくさいこともありました。どこか「スマートでいたい、かっこよくいたい」と思ったりして。でも、一生懸命になれることのかっこよさを知ってもらいたい。何だっていいんじゃないかな。自分が興味を持ったモノに向かっていけることは素晴らしいことです。特に、たくさんの可能性を秘めた学生時代、自分自身がプラスのエネルギーを発することのできる「目標」を見つけてください。たとえ失敗しても、一生懸命にやったことが必ず自分の自信につながります。
大畑選手写真
※この記事は2005年2月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
元木 由記雄選手
元木 由記雄選手(ラグビー選手)
一生懸命にやれば、きっと夢に近づけると信じている!
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ