検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
森下雄一郎選手写真
森下 雄一郎選手
プロバスケットボール選手
1977年、兵庫県生まれ。小学校5年生よりバスケットボールを始める。中学、高校と日本での実績はまったくなく、高校卒業後、単身渡米。「成功するための1%は自分ができると信じること」と、アメリカでチャレンジをスタート。その後スカウトを受け、ニューハンプシャー工科大学に入学し、オールアメリカンにも選出される。2001年に日本人として初めてアメリカプロバスケット選手となり、NBA直轄のNBDLに日本人として初めてドラフト指名を受ける。NBAのサマーキャンプにも参加経験あり。2005年には、アジア人として初めて世界最高峰のストリートバスケットチーム「AND 1 mixtapetour」と一軍契約。「SAMURAI」のコートネームで活躍中。また、バスケット選手の枠を飛び出し、2006年にはアーティストとしてCDデビュー。バスケと音楽をつなぐ「バス音」という新しいジャンルを作る。また自らの生き様を次世代の日本に伝えるべく、社団法人日本青少年育成協会の顧問を務め、全国各地でのバスケットボールクリニックや講演会、ワークショップなどを行う。また大阪天満市場に開校する「夢現ストリートスポーツアカデミー」では、自らの挑戦で培ったスポーツの本来の意味である「人づくり」をテーマに活動を行っている。

※この記事は2007年11月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

森下雄一郎選手の学生時代は・・・
バスケをあきらめかけた大学受験失敗とアメリカ挑戦
森下雄一郎選手写真 バスケを始めたのは、小学校5年生の時。尼崎から西宮に転校して、身長が高かったこともあって、バスケット部に誘われたのがきっかけです。当初は、バスケに興味があったわけでもなかったし、たまたま身近にあったという感じでした。でも、練習するうちにシュートが入るようになったり、ドリブルでキープできるようになる。そんな“当たり前”の上達が、子供ながらに新鮮でした。次第にバスケが楽しくなり、中学、高校では“バスケまっしぐら”でした。中学時代は弱かったし、高校ではそこそこ勝てましたけど、全国レベルにはほど遠かった。結果らしい結果は残せませんでした。でも、高校卒業後もバスケをしたかったので、体育学部のある大学を3つ受験しましたが、うまくいきませんでした。それでも、バスケは諦めたくなかった。ならば、とことんやってから辞めればいい!挑戦するだけならば、だれでもできるし、自分の可能性をぶつけたかった。今でこそ、NBAに挑戦する日本人が増えていますが、11年前にはそんなこと考えられませんでした。日本のトップ選手はもちろん、実業団や大学にも入れない選手がアメリカに行くなんて、とんでもないことと言われました。でも、そのとき思ったんです。怖いのは10年後に後悔すること!現役でできる期間は限られている。ならば、後悔したくない。打ちのめされる前に諦めるより、挑戦して打ちのめされた方がいい。そんな思いで、11年前に単身アメリカに向かいました。
森下さんのバスケ道、現在の夢は・・・
スポーツはあくまでも人間力を鍛えるための手段
森下雄一郎選手写真 子どものころは、親にはあーしろ、こーしろと言われたことはありませんでした。何についても、常に自分で取捨選択してきたような気がします。今思えば、親との関係が大きかったですね。“生きる力”を与えてくれたと思っています。親だけではありません。スポーツならば、その指導者との関係も大きい。今、日本では「勝たせる指導者=いい指導者」という定義がなされていますが、そうは思っていません。「バスケ道」という言葉をよく使うんですが、茶道や華道は、その道のプロになるために習っているんじゃありませんよね?人とのふれあいやマナーなど、人間としてどうあるべきかという本質的なところを教える手段としての茶道や華道だと思うんです。バスケットも同じ。チームを勝たせたり、いい選手を育てるだけでは武器を作っているようなもの。スポーツを終えてから社会に貢献する人物を作っていけるか。その手段としてのバスケットだと思うんです。スポーツはあくまでも手段。それが、バスケを世界でやらせてもらっていて感じることですね。
バスケット選手としての最終目標はNBAですが、現役を終えるとき、NBAに立っていようがいまいが、自分ではそこに行くまでやりきったと思えるようにしたいですね。大学、マイナーリーグ、ストリートと、片っ端からやってきました。そのなかで、NBAに行くのに必要なのは、自分の商品価値を上げること。当然、NBAのポイントガードとの実力差はあるんだけど、日本人である自分が入っていけるようにするには、セルフプロデュースしかないんです。そのなかで出会ったのが「AND 1 mixtapetour」という世界最高峰のストリートバスケのチーム。世界で15人しか契約できないこのチームに、アジア人で初めて選ばれて、「SAMURAI」というコートネームで戦っています。そのような活動のなかで、NBAと接点があるかもしれない。そんな気持ちから、このチームでプレーしているんです。
セルフプロデュースは、スポーツに限らず、生きていくうえで大切なことだと思います。それにはまず自分自身と向き合わなければいけない。自分にウソをついたり、信じられないようなら、セルフプロデュースなんてできません。わかりやすくいえば、「自分が自分を見たときに、カッコイイ生き方をしているか、素直に生きているか」。まわりにどう思われても、自分がこうだ!と思ったことを実践していってほしい。失敗を恐れてやらないのではなく、自分で選んで失敗すれば、それが自分のモノになるし、人間力を高めてくれるはず。
森下雄一郎選手からのワンポイントアドバイス
テクニックよりもボールに敬意ほ払うことから始める
森下雄一郎選手写真 バスケットボールは、すべてボールハンドリングです。練習方法は腐るほどありますが、一番大事なのはメンタルな部分でのボールとの向き合い方。バスケが好きという子が、平気でボールに乗ったり蹴ったり座ったりするのは論外。先生にそうしたらダメと言われたからではなく、自然とそういう気持ちになるくらいまで、ボールと親しくなってほしいですね。
私の場合は、学校の行き帰りはもちろん、授業中も寝るときもボールと一緒でした。ずっとボールと一緒にいると、友達のような感覚になってくるんです。蹴られたらかわいそうとか、座られたら苦しいだろうとか……。そうやってきたから、アメリカに行っても助けてくれたし、いろんな奇跡を与えてくれたと思っています。まずはテクニックよりもボールに敬意を払うことから始めて欲しいですね。
森下雄一郎選手からみんなへのメッセージ
森下雄一郎選手写真

高校卒業後は大学、専門学校、就職などなど、いろんな進路があるでしょう。今後は、これまで以上に決定しなければいけないことが多くなるはずです。人生は選択の繰り返し。ならば、自分にウソをつくことなく、素直にしっかりと向き合える自分であって欲しいですね。そのなかで、自分はコレだ!と思えるものに出会ったら、突き進んで欲しい。だれかに何を言われても、とことんやり抜くことが大切だと思います。
人生は一回しかありません。失敗を恐れずに、失敗するまでやる。どんなことでも、失敗のないことなんてありません。とにかく失敗するまでやる。そして失敗してから考える。成功よりも失敗の方が人間力をつけるし、学ぶことがたくさんあるはずです。いい失敗をして欲しいですね。
まずは自分と向き合うことが大切。それには、自分を信じて、自分を好きになることから始めて欲しいですね。

※この記事は2007年11月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

渡嘉敷 来夢選手
渡嘉敷 来夢選手(バスケットボール選手)
自分らしさを楽しんで、今の時間を大事にしてほしい!
川村 卓也選手
川村 卓也選手(バスケットボール選手)
自分を貫き続けることから、個性は生まれる
竹内 公輔選手
竹内 公輔選手(バスケットボール日本代表選手)
今の時間を切磋琢磨して、有意義なものにしてほしい
田臥 勇太選手
田臥 勇太選手(バスケットボール選手)
大事なのは、情熱を持てること
五十嵐 圭選手
五十嵐 圭選手(バスケットボール日本代表)
好きという気持ちがあれば、打ち込める
佐古 賢一選手
佐古 賢一選手(プロバスケットボール選手)
プラス志向が、自分を高めるためにはとても大切
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ