こくさいいりょうふくしせんもんがっこう いちのせきこう

国際医療福祉専門学校一関校

(専門学校/岩手)

資料請求

願書請求

オープンキャンパス参加

理学療法学科

人を思いやり、地域医療を支える「理学療法士」として
目指すのは患者さんの笑顔です

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
理学療法学科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
理学療法学科の特長
学べる内容

理学療法士は、病気やケガの後遺症などが原因で、不自由になった身体機能を科学的に分析し、運動療法とそれを円滑化する物理療法を中心とした日々のリハビリテーションによって身体と心を回復へと導きます。
実践的カリキュラムと教育科目をバランスよく構築し、知識と技術、医療職としての資質を備えた理学療法士を育成します。また、障がいのある人や病む人、一人ひとりの患者さんの立場に立って考えられる人間力も育てます。

資格について

■取得受験資格
理学療法士国家試験受験資格

■取得できる資格
福祉住環境コーディネーター2・3級

主な就職先

■主な就職先(2019年3月卒業生実績)
□東北エリア
真壁病院、松田病院、東八幡平病院、八角病院、栃内第二病院、総合花巻病院、北上済生会病院、菅整形外科病院、美希病院、近藤病院、なかだ、リンデンバウムの杜、はまなすの丘、松原苑、サンライフえさし、さいき、エバーグリーン・ヤマザキ、(株)ロッツReBornデイサービス、一関清明支援学校 ほか

□それ以外のエリア
総合東京病院、森山記念病院、AR-Ex尾山台整形外科、印西総合病院、麻生リハビリ総合病院、にしざわ整形外科、茅ヶ崎徳洲会病院、静清リハビリテーション病院 ほか

学費について

●学費(2020年4月入学生)
 初年度納入額:1,500,000円
 2年目以降:1,100,000円
 3年目以降:1,100,000円
 ※教材費、実習経費、研修費は別途定める。

施設設備

■理学療法学科校舎
JR大船渡線摺沢駅から徒歩5分。自然に恵まれたキャンパス、広々としたグランドと施設が充実した学習を支えます。実践重視のカリキュラムにふさわしく、医療施設で実際に使用されるリハビリテーション機器を整備。学内施設で学んだ内容を学外の臨床実習で活かし、課題をフィードバックして技能に磨きをかけるプロセスをじっくり学ぶことができます。

■同じ道を志す仲間と互いを高めあえる充実の学習環境
本校では教室や図書室などを自習スペースとして開放しており、休み時間や放課後は資格試験に向けた学習に利用できます。またパソコン室には高速インターネット環境を整備しています。トレーニング室や体育館も完備。

学生寮

■通学に便利な学生寮
本校には遠方から通学する学生にも対応するため、全6棟の学生寮を設けています。全棟、Wi-Fi設備を完備しています。食堂や学食、共同スペースを設けたタイプから、1人1部屋のプライバシーを確保できるタイプまで、さまざまなタイプの寮を設けています。
学生寮周辺は、閑静な住宅に位置し、スーパーやレンタルビデオショップ、コンビニなどが徒歩圏内にあります。また、各学生寮から本校までは、学校専用のバス送迎を行っています。

 
インタビュー
設楽 文人さん

卒業生 設楽 文人さん(理学療法学科2018年3月卒業 岩手県立黒沢尻工業高等学校出身)

一期一会の仲間とともに学校のさらなる伝統を作っていきたい

私が国際医療福祉専門学校一関校に入学したのは、新設された理学療法学科に一期生として入学することで学校の評価を決めるというプレッシャーの元、集中した環境で勉学に励むことができると考えたからです。学校では、充実した設備を利用し実践的な講義を受けることができ、知識だけではなく技術も深く学ぶことができました。私は現在、介護老人保健施設に勤務していますが、患者様の変化を身近に見ることができ、やりがいや向上心をもって仕事に取り組んでいます。
 理学療法士になることは簡単なことではありませんが、新たな環境で出会った仲間とともに切磋琢磨しながら知識や、様々な考え方を学んでいってほしいと思います。

小松田 詞音さん

卒業生 小松田 詞音さん(理学療法学科2019年3月卒業 秋田県立横手城南高等学校出身)

地域の医療に貢献できる、人間を目指しています。

私が国際医療福祉専門学校一関校を選んだ理由は、学生寮があり、学費や生活費の条件が合ったことが理由です。寮生活では、同じ志を持つ友達ができました。また、朝夕の送迎バスもあり、学生生活を有意義に過ごしました。
 解剖学や生理学、運動学の三教科は、国家資格取得にも大切な分野です。また、評価学という科目は、色々な教科や分野に応用できると考え特に力を入れて学習しました。
 現在は、病院内で介護保険部門にて業務にあたっていますが、学生時代に医療技術を学んだことで、利用者への対応で役に立つ場面があると感じます。日々、医療現場で、少しでも力をつけて地域の医療に貢献できる人間になりたいと思います。

遠藤 百華さん

在校生 遠藤 百華さん(理学療法学科1年 岩手県立千厩高等学校出身)

地域に密着した学習方針が魅力です

私の地元は高齢化が進み、リハビリを必要とする方々がたくさんいます。私は地域にリハビリという面で貢献をしたいという思いから、理学療法士を志し国際医療福祉専門学校一関校を志望しました。
 学校では地域に密着した学習方針があり、私が高校時代に行っていたボランティア活動による地域の方々との交流と通じるものがあり、本校を志望するきっかけともなりました。
 将来は、患者様の要望を聞きながら適切な処置を施すことが出来る理学療法士になることです。そのために、日々の学習に真剣に取り組み、コミュニケーション能力や人間性を磨いていきたいと考えています。入学したばかりで、専門分野は難しく感じますが、理学療法士になれるよう仲間と助け合いながら一緒に頑張っています。

 
学べる学問
  • リハビリテーション学

 

目指せる職業
  • 理学療法士

資格
  • 理学療法士
就職について

■理学療法士の卒業後の就職先
 ・医療機関(病院・リハビリテーションセンター)
 ・介護老人保健施設
 ・介護福祉施設
 ・児童福祉施設
 ・障がい者福祉施設 など

国際医療福祉専門学校一関校の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●理学療法学科校舎

〒029-0523 岩手県一関市大東町摺沢字観音堂25

TEL.0191-75-3007  FAX.0191-75-3008 

ホームページ http://imwc-ichinoseki.ac.jp/
ページの先頭へ

国際医療福祉専門学校一関校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで国際医療福祉専門学校一関校の情報をチェック!